Archive  Entry  Comment  Trackback  Category  Recommend  Link  PROFILE  Others
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏のニホンリス、しっぽの手入れも念入りに | main | ニホンリス クルミの収穫 >>
2020.08.08 Saturday

ツミの兄弟

JUGEMテーマ:野鳥

ツミの兄弟

 

もう少し近くへ行って〜と。

何度も思いましたが、これ以上無理でした。

幼鳥・若になると、子供じゃないよ!かな。

 

在庫から。

コメント
こんばんは!

せっかく二人そろっているのですから 近づいたら逃げてしまうかもですよね。
この距離でも充分にその表情を見てとれますよ〜
後ろと前とで面白いです。
衣装の様子がよくわかります。
  • pole pole
  • 2020.08.08 Saturday 23:18
ふん転菓子さん、こんにちは〜♪
もうイッチョマエになって来て微妙な距離感保ってますね。
真ん中にセミでも飛んで来ればゴッツンコしてたかも。
後ろ向きなのが見返りになってくれたのが良かったですよ。
■pole poleさん。こんばんは。
私の書き方が誤解を招いたようです。
兄弟が寄り添うという意味です。

トリミングしているので、距離はそれなりに離れています。
若が庭並んだので前後ろが見えて良かったです。
■tanuki_oyajiさん。こんばんは。
ここまでくると、兄弟間のライバルは更にエキサイトかな。
真ん中にセミですか。
そのパターンが有れば面白そうですね。

前向きと見返りのコラボは若じゃないと無いかもね。
ふん転菓子さん こんばんは!
ツミの若の2羽止まりを綺麗に写されましたね。
もっと近付いてくれると好いけれど これでも十分ですよ。
今季はツミの営巣地が少なくて巣立ち雛を見られません。
在庫の綺麗な画像が有って好かったですね。
  • 夕化粧
  • 2020.08.09 Sunday 22:25
■夕化粧さん。こんばんは。。
若同士、少し理想とは違い、間隔があいているのでブログで使うか悩んでいました。
自然界の出来事ですから、これ位成長したら不自然かもしれませんね。

ここ数年ツミの撮影は行っていないので、昔からの場所で営巣しているかもわかりません。。
コメントする








 

Powered by
30days Album ブログパーツUL5