Archive  Entry  Comment  Trackback  Category  Recommend  Link  PROFILE  Others
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桜メジロ | main | マロ―とセセリチョウ? >>
2020.05.04 Monday

桜ニホンリス

桜ニホンリス

 

ずだだだーっと隣の木からジャンプして、枝の上を駆け周り、止まったと思ったら食べ始めた。

可愛いいいいぃ〜

 

レンズは旧型で5370g + 5DMkIV ですから生後2〜3カ月位の赤ちゃん位?。

両手で「高い高い」して撮影。

コメント
こんばんは!

これまた可愛いシーンに出会われましたね〜
さぞかし重かったことでしょうね〜
私にはできないと思います。
筋肉痛になりませんでしたか〜〜
ふん転菓子さん おはようございます。
細い枝でも難なく伝わって行くリスを追いかけるのは難しいけど
このように立ち止まって食事をしてくれると ゆっくり写すことができますね。

総重量6kg以上の機材を手持ち撮影ですか? 凄いですね!
  • 夕化粧
  • 2020.05.05 Tuesday 09:11
■pole poleさん。こんばんは。
桜と生き物はお似合い。
特に日本生まれの生き物や、小鳥には。


高い高いは、良くしていますよ。
でも1/1000のSSが確保できないと厳しい。
リスは動くと早いので殆どが手持ちです。
と言うより、木々の裏に隠れたりと忙しいので。
■夕化粧さん。こんばんは。
スルスルと渡りながら、時々枝の裏に回ってスルスルと。
ファインダーから消えたり入ったりと、意味が分かりません(笑)
その反面突然止まってポージングしたりと、一か所で野鳥を待つイメージとは少し違うかもしれません。

手持ちは良くします。
遅い時間帯に行くので三脚置けないので、誰かの足元から撮影したりと(汗)

SSが上げられないと難しいですが。
ふん転菓子さん、こんばんは〜♪
お山でたまたま出会ったことはありますが、
ニホンリスを探しに出かけてキッチリ見つけるところが凄いです。
桜の花をムシャムシャと美味そうに食べるものですね。

重たい機材を手持ちですか、
私だったらプルプル震えてピント合わせも難しい。
■tanuki_oyajiさん。こんにちは。

桜の花は、甘いのか食糧なのかわかり暗線が、一匹だけが食べるとかではないようです。

手持ちはほぼ毎回。
機材の軽量化を図りたいのですけどね。
中古を物色しようかな。。
コメントする








 

Powered by
30days Album ブログパーツUL5